なぜ多い、宮城での任意売却。

魅力いっぱい宮城県の不動産任意売却!!

宮城をはじめとする東北地方では、任意売却の相談が相次いでいるといいます。その理由は、東北大震災の影響と法的措置の不十分さにあります。

魅力いっぱい宮城県の不動産任意売却!!メイン画像

なぜ多い、宮城での任意売却。

宮城県は日本の東北地方を代表する都市の1つで、仙台市をはじめとする各市には漁港や漁港に関係した加工所などで賑わってきました。

日本の食卓を支える町などという表現を使って、活性化した町の様子なども、よくメディアで取り上げられたりもしています。

そんな宮城に任意売却の相談が急増していると聞いて少し驚きました。

そもそも任意売却というのは、住宅ローンの返済が困難になってきた人が、住宅の差し押さえや競売などの事態に陥ってしまう前に講じる法的な手段です。

ご存知のとおり、住宅ローンを組んで購入したマイホームは、所有権者(所有者)が本人(不動産の持ち主)であっても、金融機関などから借り入れをしている間は、債務者と債権者という別の関係も生じています。

不動産の所有権は自分にあっても、住宅ローンの滞納がつづけば、金融機関からの催促が入り、それに応じられない場合は、担保権を行使されて差押えられます。

そうなると競売という道しか残されていないことになり、所有者は家を明け渡すしかなくなるのです。

当然ですが競売の売却価格は安値で、売却代金が購入者のもとに戻ってくることはありません。

なぜ宮城などの東北地方に、このような任意売却や競売物件などの案件が多く発生するかというと、東北大震災の影響が色濃く残っているからとしか表現のしようがありません。

そして別の一面では、大規模な自然災害であるのに、国の救済的措置が不十分で、二重ローンに苦しんだ上での任意売却といった世帯が多いことがあげられます。

せめて失ってしまった家屋の住宅ローン残債は免除されるという程度の緊急的な措置が敢行されれば、このような人々をつくりだすことはなかったのです。

他人事ではなく、非常に悔しい思いをしています。

関連サイトのご紹介・・>[宮城県で不動産の任意売却をお考えなら

このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright 魅力いっぱい宮城県の不動産任意売却!!hd-wallz.com.