キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 早期の積極的な任売なら協力も得やすい。 : 魅力いっぱい宮城県の不動産任意売却!!

早期の積極的な任売なら協力も得やすい。

魅力いっぱい宮城県の不動産任意売却!!

金融機関からの催促がなくても、積極的に任意売却していけば、金融機関や仲介業者からの協力が得やすくなります。宮城に住む友人の事例です。

魅力いっぱい宮城県の不動産任意売却!!メイン画像

早期の積極的な任売なら協力も得やすい。

宮城県仙台市に住んでいる友人が、自宅を任意売却することになりました。

あるとき私のケータイに連絡が入り、「今週末もし暇だったら宮城に来てくれないか」というので行ってみると、そういう話でした。

彼は造り酒屋の跡取り息子でしたが、家業の負債が膨らんですべてをたたむことにしたと言います。

宮城にも名酒はたくさんありますが、彼の実家が醸造する酒は地産池消にこだわり、門外不出の酒としてプレミアがつくほどでした。

しかし東北大震災があってからは、販路を県外にもたなかったことが仇となり、今回のような任意売却、任売整理となってしまったようです。

2年前に結婚して購入したばかりの家は、住宅ローンの残債務もほとんどが残ったままで、任意売却をしても、果たしていくらの売却価格が付けられるかが問題でした。

仲介役となる不動産会社が言うには、「入居して2年なので、不動産査定にかけてもそれほどのマイナス要素はないと思う。

ただし、担保物件としての残債をすべてチャラにできるほどの売買価格が成立するかは微妙」というものだったそうです。

私を宮城に呼んだのは、別に私でなければという相談内容があったわけではなく、過去に任意売却を行ったことのある経験者(=私)に話を聞いて欲しかったそうです。

彼の場合は決断が早かったために、住宅ローンの滞納がそれほど長く重なったわけではなく、銀行などの金融機関からも任意売却の申し入れはなかったといいます。

新築同然で販売物件としての価値が高く、しかもリフォームなどの必要がないとなれば、市場にもストレートに出せて買い手もすぐにつく可能性があります。

不動産売買としての成約率も高いものが見込めるため、金融機関も仲介会社も協力的になります。

宮城の経済は、今現在は右肩上がりなので、それなりの成果が期待できます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright 魅力いっぱい宮城県の不動産任意売却!!hd-wallz.com.