キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 自分を失わない人は再生が早い。 : 魅力いっぱい宮城県の不動産任意売却!!

自分を失わない人は再生が早い。

魅力いっぱい宮城県の不動産任意売却!!

経営する会社が倒産しても、自宅を任意売却で手放すことになっても、自分を失わない人は再生が早い。宮城の社長さんが、私にそれを教えてくれました。

魅力いっぱい宮城県の不動産任意売却!!メイン画像

自分を失わない人は再生が早い。

任意売却にしても競売にしても、せっかく手に入れたマイホームを手放さなければならないのは同じです。

不本意であればあるほど、これほど悔しいことはありません。

けれども、たとえば会社が倒産して社屋や工場を売却し裸一貫になってしまっても、声の張りや行動力を失わない元気な人がたくさんいます。

実は、先日、宮城県仙台市で印刷業をしている社長さんから電話が入り、「経営していた会社が倒産したので、任意売却できるうちに工場と社屋を売却することにした」と告げられました。

不思議なことに、とても元気ないつもの声だったので、「冗談でしょう?」と返すと、「こんな冗談を電話までして言いませんよ」と返されました。

代々続く稼業を継いだ社長さんで、宮城県内でも有数の印刷屋でした。

社屋の他に住宅ローンの残債がある自宅も売却したと言います。

つまり丸裸です。

宮城にはこのように、大震災の後、その影響を受けて事業が行き詰る会社が多いのだそうです。

水産業・漁業だけではなく、業種の垣根を越えて広がっています。

経済は生き物ですから、地域経済といえども全国すべてつながっています。

ところでこの社長が言うような、「任意売却できるうちに」というのはどういうことかというと、自分の意思で自由に売却価格を設定して、所有する担保物件を売り出し、普通の不動産売買と同じように売買契約を結ぶ行為をいいます。

競売入札などと違って、販売価格が買い叩かれることはなく、売却代金もマイホームの購入者の手元に戻ってきます。

つまり個人再生の道が残されているのです。

電話をくれた社長のように、窮地に立っても自分を見失わない人は、早期に最善の手が打てます。

その分だけ立ち直りも早いということです。

私はこの電話のおかげで、たいへんにいい勉強をさせてもらえました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright 魅力いっぱい宮城県の不動産任意売却!!hd-wallz.com.